わずか1秒!誰でもカンタンにカラダを緩める方法

「力を抜きましょう」施術中にこんな声掛けをすることがあります
こんな声掛けをすることが多々あります。でもこれが意外とできない方が多いです

 

そんなときオススメのわずか1秒で誰でも「緩む」ことができる方法があります
「力を抜きましょう」とよく言われるあなたはぜひ参考にしてくださいね

コリコリ

やり方はカンタン「口を半開きにする」だけ

ではさっそくやりかたを…の前にひとつ
ご自身のカラダの硬さをチェックしてみましょう

 

■ステップ1:硬さチェックをしてみよう

  • バンザイ
  • 肩を大きく回してみる
  • 左右を向く
  • 天井を向く
  • 立ったまま前屈・後屈をする

などから、やりやすい、お好きなものでけっこうです
できれば2〜3個やってみて硬さを把握しておきます

 

■ステップ2:口を閉じて動かしてみる

ステップ1でやってみた動きをもう一度、今度は
「口を閉じて」おこないます
できれば「ムムッ」と真一文字にぴっちりと閉めましょう

 

このとき、ステップ1と硬さに変化があるかどうか確認します

 

■ステップ3:口を「半開き」で動かしてみる

今度はステップ2の反対。口を「半開き」にしてやってみます
ポイントは半開きです。大きく空ける必要はありません

イメージは「ちょっと間の抜けた顔」です
このときの動きの硬さを確認します

 

いかがでしょうか?ステップ1〜3どれがいちばん硬さがなかったですか?
おそらくはステップ3の半開きのときではなかったですか?

逆にいちばん硬かったのはステップ2の口を閉めた時だったはずです

 

なぜ半開きがいいのか?

どうして半開きにするだけでこんなに緩むのか?
その答えは「カラダが緩むときの姿勢」にあります
あなたは「カラダが緩んでいる」人はどんな姿勢だと思いますか?

 

ざっと挙げていくと、

  • 膝が軽く曲がっている
  • 肩の力が抜けている
  • 顔の緊張がない
  • 眉間にシワが寄っていない

こんなところでしょうか

 

理屈としてはシンプル

上記の4点に近づけば近づくほどカラダは緩みます
逆に遠ざかれば遠ざかるほどカラダは緊張し硬くなっていきます

 

そこでもっともカンタンで誰でもできる手法。それが
口を半開きにする
ことなんです

 

口を半開きにした、いい換えれば「ちょっと間の抜けた顔」
あなたはそんな顔でビシっと緊張した姿勢を作れますか?
たぶんムリですよね

 

現代人は普段から緊張した顔を作りすぎです
電車などで見ていると、眉間にシワが寄っていない人を探すほうが難しいくらい

 

日本人は頑張りやさんが多いですからね
なんでも一生懸命やってしまう。そんな現れなのかもしれません

 

でも、この記事を読んだあなたは大丈夫
カラダを緩めるにはどうしたらいいかがわかりましたよね
すぐにでも実践して緩んだカラダにすることができますね^^

大事なポイント

最後にもういちどポイントをお伝えすると

  1. 目的は「緩む」こと
  2. 一生懸命がんばらない
  3. あとは口を半開きにするだけ

です

 

この体操の目的はカラダを緩めること
これを忘れないようにしましょう

 

口を真一文字に締めて一生懸命やればやるほど緩みません
つまり、目的からどんどん遠ざかっていきます

 

ここではムズカシイ理屈・理論はひとまず横に置いてください
大切なことはまずやってみて効果を実感することです

 

きょうから早速口を半開きにしてカラダを動かしてみてください
あなたがカラダの不調に悩まされることなく、自分らしくイキイキと過ごせるためのお役に立てたら幸いです^^

この記事をかいたひと

横浜戸塚の整体「はりきゅう・整骨院三玄堂」代表
柔道整復師/鍼灸師/あん摩マッサージ指圧師
院のコンセプトは「100年使えるカラダ作り」

クライアントの「よくなったらやりたいこと」実現のため日々の施術にあたる一方で
ひとりでも多くの方に貢献したい想いで所属団体の講師やセミナー開催を行っている

 

1978年1月23日東京都生まれ。横浜市在住
血液型A型の動物占いはペガサス
詳しいプロフィールはコチラから

この先生の施術を受ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加