色の力を活用してカラダを緩める♫

色

色でカラダが反応する!?

私たちが普段身の回りにあるモノたち。何気なく手に取ったり、身につけていますが、

実は色によってカラダに変化が起きているかもしれないということをご存知でしょうか?

 

実は色がカラダに与える影響は以外なほど大きい

普段身につける色を変えるだけでカラダが緩んだり、硬くなったりします

 

たとえば、こんなことはありませんでしょうか?

  • 肩こりがヒドい方
  • いつもカラダがガチガチで緊張してしまう方
  • 整体でカラダが硬いと言われる方
  • いつもネガティブな考えになりがちな方

もしあなたがひとつでも当てはまるようでしたらぜひ最後まで読んでいってください

きっと役に立った!と感じてもらえるはず

 

実際に試してみた結果をご紹介していきますのでぜひ参考にしてくださいね

 

色ひとつで行動が変わる!?

インターネットでショッピング。今では当たり前になりましたよね

【希望の商品をカートに入れる→購入→発送先・支払い方法の決定】

この流れで躓いてしまう人も少ないはず

 

このときの【購入】や【カートに入れる】のボタン、何色でしょうか?

多くがですよね。この赤という、色が実は重要なのです

 

仮に、このボタングレーにするとどうなるでしょうか?

なんと、購入のキャンセル率が増え、売上が下がってしまったそうです

 

赤は「燃えるような赤」という喩えもあるほど前向きな色

「よし、買うぞ〜!」と力が入った状態になります

 

逆に青は「冷静、クールな」色

「ちょっと待てよ…」「考えなそうかな…」そんな気持ちにさせてしまうのです

 

実際に試してみました

では次に、カラダにとってはどんな色がいいのか?

カンタンな実験をしましたのでご覧ください

 

実験の概要はシンプル。立位での前屈でカラダの硬さをモニター

  1. 何も身に着けずに前屈する
  2. ピンク色のタオルを被って前屈する
  3. 茶色いタオルを被って前屈する

以上3つでの違いを比較してみました

ピンク色のタオルをかけると…!?

before画像
after画像

ピンク色のタオルをかける、はじめよりスーッと前に屈めるように

モデルさんご本人も「動かすのがとてもラク」とコメント

 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

茶色いタオルをかけると…!?

before画像
after画像

茶色いタオルをかける、とくに大きな変化は見られませんでした

写真では少し前に倒せているようにも見えますが、モデルさんご本人の感覚では

「タオルをかけたら動きにくくなった」と仰っていました

 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

いかがでしょうか?

 

色の違うタオルをカラダに被せただけで、こんな違いが出てしまいました

ポイントとしては明るくて優しい色を選ぶことです

 

実験のように、三玄堂のイチオシはピンク色。次にオレンジや緑がオススメ。

逆に避けたいのは黒・茶色・紺など色の暗く、濃い色

明るくても、ショッキングピンクや濃い緑など色の波長の強そうなものもNG

 

全身黒の喪服を着て心が落ち着いたり、リラックスするのは難しいですよね

なんとなくイメージが湧くと思います

 

できることからはじめてみよう

インターネットサイトや動画サイト、情報が氾濫している昨今

「肩こり ストレッチ」まどで調べると山ほどの情報が無料で手に入ります

逆に多すぎて、どれを信じれば良いのかわからないくらい…

 

でも、実際に試してみると難しかったり、長続きしなかったり…

現実はそうカンタンではありませんよね

 

だからこそ、この「色のチカラ」は無視できないのです

なぜならこの方法はとてもカンタンだから

 

たとえば、

  • スーツの下のシャツをピンクにしてみる
  • ネクタイを明るい色にしてみる
  • カーディガンを爽やかな色にしてみる

これなら誰でもカンタンにできると思いませんか?

 

明日からでも「あ、これは自分でもできそうだな」と思ったことからでOK

大事なのは、まずトライすること!きっと色のチカラを感じられるはず

ぜひおためしくださいね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加