身体の回復を助けてくれる栄養素をご存知ですか?

食事を見直すだけで健康に!?

身体はあなたが「口に入れたもの」で出来ています

そして、その「口に入れたも」のを消化・吸収するだけでもエネルギーを使います

 

だとしたら、良い物を口に入れるか、悪いものを口に入れるかで身体が変わってくると思いませんか?

 

とるべき栄養素が足りていなかったり、逆に摂り過ぎているものがあったとしたら、それがあなたの症状や疲れの原因であるかもしれません…

 

今回は毎日の食事で不足していることで身体の回復を妨げたり、不調の原因になっているかもしれない栄養素の話をしていきます

 

5大栄養素の働き

栄養素は大きく分けて5つ

  1. 糖質
  2. タンパク質
  3. 脂質
  4. ビタミン
  5. ミネラル

に分類できます

 

それぞれの栄養素がどんな働きをもたらしてくれるのか??

あなたはちゃんとわかりますか??

 

身体を構成する要素、「3大栄養素」

5つの栄養素のうち、糖質・タンパク質・脂質の3つを3大栄養素と呼びます

 

これらは主に、人間の身体を構成する要素

例えばタンパク質は人間の身体の30%程を占めますし、人間の身体の細胞膜は脂質で出来ています。まさに身体を構成する主原料であるといえます

 

また、糖質は身体の細胞を動かすためのエネルギー源。とくに脳や神経は糖質によるエネルギー供給なしではしっかりと働くことができせん。

 

ダイエットなどでこの3大栄養素を制限することもよく聞かれますが、不足が大きすぎると身体の構成要素自体が失われてしまうので注意が必要です

 

生命活動の「潤滑剤」、ビタミンとミネラル

では、ビタミンやミネラルといった栄養素はどんな働きをするのでしょうか?

 

ビタミン・ミネラルの主な働きは「生命活動の潤滑剤」役

主に消化や吸収など代謝の場面でその手助けをしてくれています

 

代謝がスムーズに行われなければ、せっかく摂った栄養素がカラダに行き渡らないことになってしまいますのでビタミン・ミネラルは重要な栄養素といえます

 

3大栄養素とビタミン・ミネラル、どっちが大事??

では質問です

 

「身体の回復」という観点から考えた時、今紹介した3大栄養素とビタミン・ミネラルではどちらのほうが、大切になるでしょうか??

 

答えは「ビタミン・ミネラル

3大栄養素をしっかり摂れていても、ビタミン・ミネラルが不足してしまうと正しく代謝が行わず、身体の不調を引き起こす原因となります

 

ビタミン・ミネラルが不足することで

などの症状が現れることがあると言われています

 

これらの症状があてはまる方も多いのではないか思います

 

とくに、不足しがちなのがカルシウム。日本人の多くが1日のカルシウム摂取量をクリアできていないとも言われています

 

つまり、私たちの多くは慢性的なカルシウム不足であるといえます

 

カルシウムは骨だけのためにあらず!

カルシウムの3つの働き

カルシウムって何のためにあるのか??

と聞くとやはり「骨」というイメージがありますよね

 

しかし、実はカルシウムには骨の成分以外にも重要な働きがあり、

  1. 筋肉を動かす
  2. 神経の流れを促す
  3. 体内のデトックス(解毒)

などが挙げられます。骨、筋肉、神経、デトックス(解毒)…どれも症状の改善には重要な要素ですよね

 

昔からイライラしている人を見ると、「カルシウムが足りないんじゃない?」なんて質問をすることがありますが、これはカルシウムが不足して神経の流れが悪くなってしまっているからかもしれませんね

 

現代人がカルシウム不足になる理由

厚生労働省の定める1日のカルシウム摂取量は650〜800mg

 

欧米の1,200〜1,500mgと比べると圧倒的に少ないにもかかわらず、平均的な日本人はなんと500mg程しか摂れていないといわれています

 

これに加えて、現代の食生活のせいでカルシウムが大幅に消費されてしまっています。これはカルシウムのデトックス作用のためです

 

肉や糖分を摂り過ぎることで酸性に傾いた血液をカラダはカルシウムを使って中和しますので、現代社会の食生活ではカルシウムを使って中和する場面があまりにも多いのです

 

カルシウム不足が続くとどうなるの??

カルシウム不足でデトックスが満足に行われないことでカラダの状態が悪くなります。毒素が溜まってしまうことで身体の歪みや循環が悪くなっていきます

 

また、デトックスに必要なカルシウムが足りないと骨からカルシウムを動員してでもデトックスを行おうとするために骨がスカスカの骨粗相症を引き起こすリスクも出てきます

 

つまり、あなたの肩こりや腰痛、しびれなどの神経痛などがカルシウム不足で引き起こされている可能性があるのです

 

カルシウム不足を補うには

カルシウムは毎日の食事sで補うことが可能です

 

一般的には牛乳や小魚というイメージがありますがオススメは海藻類

わかめ、昆布、ひじきなどはカルシウムも豊富で吸収もしやすい食品

 

ぜひ毎日の食卓で積極的にとっておきたいですね

 

まとめ

私たちの身体の栄養素は5つ

  1. 糖質
  2. タンパク質
  3. 脂質
  4. ビタミン
  5. ミネラル

 

身体の回復にはビタミンとミネラルが重要

身体の回復には全身にスムーズに栄養素を行き渡らせる必要があります。

ビタミンとミネラルはその栄養素を行き渡らせる手助けをする役割があります

 

とくに不足しがちなのがカルシウム

カルシウムには骨の成分になる以外にも働きがある

  1. 筋肉を動かす
  2. 神経の流れを促す
  3. 体内のデトックス

筋肉、神経、デトックス(解毒)…どれも症状の改善には重要な要素です

 

カルシウムのデトックス作用でカルシウムが消費される

肉や糖分を摂り過ぎることで酸性に傾いた血液をカラダはカルシウムを使って中和します

現代社会の食生活ではカルシウムを使って中和する場面があまりにも多いのです

 

カルシウム不足が続くと糖尿病・動脈硬化・骨粗相症に

カルシウム不足でデトックスが行われないことでカラダの状態が悪くなります

 

また、デトックスに必要なカルシウムが足りないと骨からカルシウムを動員してでもデトックスを行おうとするために骨がスカスカの骨粗相症を引き起こすリスクも出てきます

 

オススメの食品は海藻類

牛乳や小魚などのイメージがありますが、オススメは海藻類

わかめ、昆布、ひじきなどはカルシウムも豊富で吸収しやすいので毎日の食卓で積極的にとっておきたい食品です

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加