【症例報告】7歳の男の子の肩こり・頭痛・姿勢の悪さの原因は

子供の整体

小さな子どもでも全力で施術します!

今回ご紹介するのは三玄堂でも最年少。7歳の男の子です。

彼は肩こりや頭痛があり、親御さんはいつも姿勢の悪さが気になっていたとのこと

 

7歳の男の子といえば、元気に外で走り回っているイメージを抱く方も多いもしれませんが、近年はこのケースのようにカラダの不調を訴える子供も増えてきているとか

 

病院ではこれといって対応もされず、言われるのは「様子を見ましょう」

でも、実際にシンドそうな我が子を見ていると親御さんまで辛くなってしまう…

 

そんな話を聞いていると、なんだかこっちまで悲しくなってしまいそうですよね

 

しかし、三玄堂ではこんなケースでもキチンとした対応ができます

赤ちゃんでもお年寄りでもカラダはカラダです

 

どんなに小さなカラダでも何かしらカラダに出ているサインがあります

このサインを見逃さず、アプローチをかけていきます

 

三玄堂では、このようなケースをどのように考えて、どこを診て、どのように施術をしていくのか?

 

実際の施術例を取りながら紹介していますので参考にしてくださいね

 

問診(カウンセリング)

施術を行うにあたり、まずは詳しくお話をお伺いしていきます

 

7歳 男性(小学生)

◉主訴:頭痛、姿勢が悪い、肩こり

小学校に入学してから体調に不安が出てくる。とくに顕著になったのは2ヶ月前の6月頃から

 

病院でも診てもらったがとくにハッキリとした診断はくだされず、頭痛薬を処方される

その後、これといってよくなった感じもなく、これでよいのか?と不安になり来院

 

ひとつのことに集中する傾向があり、ゲームをしたり漫画を読み始めると姿勢が悪くなってきて、肩が凝ってきたり頭痛が起きたりする

熱をよく出す

 

(既往歴)

4歳の時に遊んでいて後頭部を打撲→とくに問題はその後なし

 

(病歴)

アトピー:3歳くらいから。薬を塗って良くなった

 

検査

次に検査です

 

◉検査

(座位)

上肢外転での硬さ 左(+)右(+)

その他の座位でのチェックでは問題なし

頚椎チェック問題なし

 

(仰臥位)

右肋骨柔らかい、左肋骨硬い→脾臓周辺

頚椎・腰椎・骨盤などの関節の動き

股関節・膝関節・足関節など四肢の関節の動き

に硬さはみられない

 

施術(調整)

では、調整内容です

 

◉調整

・はじめにキネシオロジーで反応をチェック

姿勢の悪さ・頭痛・肩こりはリンクしている?→yes

どこから調整する?→肩こり

 

・肩こりの原因にアプローチ

カラダ全体のエネルギーの調整→アストラル体(第5チャクラ

内臓(脾臓機能亢進)→Th8(交感神経と迷走神経)

Th8→PRS→感情

 

調整後は肩の動きの硬さが改善。姿勢もよく、背筋を伸ばすことができるように

肩のこり感も感じないようなので、初回はこれで様子を見ることに

 

次回はカラダの状態をみながら、必要な部分を中心に調整を行っていくことを提案

 

また、施術中に反応が見られたポイントである

  • 第5チャクラ
  • 脾臓
  • 感情

などについて説明を行い、肋骨の硬さに対するセルフケアをお伝えしました

 

まとめとその後の経過

今回カラダ全体のエネルギーの調整でアプローチした第5チャクラは喉に位置します

 

この第5チャクラのエネルギーが滞ると変化への恐れ、受け入れられない、などの状態になると言われています

 

原因としては

  • 「イエス」「ノー」など自分の意見をはっきりと言うことができない
  • 自分の考えを上手に表現できない

などが関連すると言われています

 

かなりマジメな男の子らしく、周囲の様子をいつもつぶさに観察しているそう

何か言葉にはできないけれど、言いたいことがあったのかもしれません

 

初回の施術後の経過ですが、2回目の施術前の状態をチェックすると次のように

  • 肩こりと頭痛→訴えなくなった
  • よく熱を出す→ない
  • 肋骨の硬さ→見られなくなった
  • 姿勢→前よりは良くなったがまだ首の動きが悪い

と、 多くの場合で改善を確認

 

姿勢の悪さが残っているので姿勢の悪さを中心にアプローチ

  • 頚椎(C1)
  • クラニアル
  • 運動神経(錐体路)→神経の流れの調整

を調整

 

首の動きもよく、姿勢の改善が見られたためまた次回への様子見ということで終了

次回カラダがどうなっているか、また経過を見せてもらうのが楽しみですね

 

このように小さなお子さんでもカラダには何かしらのサインが見て取れます

症状=「悪」という考えではなく、症状がある、ということはカラダで何かしらの現象が起きていることの証、と捉えてみてはいかがでしょうか?

 

小さな子供だから整体で診てもらうほどではないかな…でも病院ではなかなかよくならないしなぁ…というような場合でも三玄堂では対応ができるかもしれません

三玄堂がきっとあなたのお役にたちますので大丈夫です^^

 

本日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました

一緒に「100年使える」ような元気なカラダを目指しましょう^^

 

三玄堂はあなたの「いつまでもやりたいこと」を全力でサポートします!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加