肩こりの症例②

肩こりの症例をまとめました

症例1:ここ半年で徐々に酷くなってきた肩こり

患者さん

48歳 男性 会社員

初回来院

平成28年12月8日

症状

症状

以前からあった肩こりがここ半年で徐々にヒドくなる

→現在は首を動かすだけで痛み

 

休日になると頭痛があり、市販の頭痛薬で抑えている状態

痺れや吐き気などはなし

脳神経を疑い、MRIも撮ったが異常はなし

 

これ以上ヒドくなるのも嫌だったところ、知人の紹介で来院

 

施術内容と経過

検査をすると

(座位)

上肢外転 左(+)右(+)

胸椎部(+)

頚部回旋 左(+)右(+)

頚部前後屈タイト

 

(仰臥位)

右季肋部硬さ(+)

バンザイでの硬さ(+)

大胸筋(胸肋部):筋力OFF→胃経

神経の流れチェック:反応あり

がみられました

 

調整は

  • 硬膜(頚椎・骨盤)の調整
  • 頭(頭蓋骨)の調整
  • 経絡の調整(腎経)
  • 神経の調整

などをおこないました

 

施術後はバンザイでの硬さ・坐位での硬さにゆるみが出現

頚部の動きもまだ完全ではないが、施術前よりも制限なく動くように

 

考察

この方の場合は胃の不調→肩こりというパターン

実はこれ、肩こりの王道パターンだったりします

詳しくは肩こりの症例①を参照

 

胃の不調、といっても病気ではありませんので心配は要りません

ひとことで言えば、「コンディションの低下」といったところ

 

胃のコンディションはストレス、とくに心配事でも低下しやすいですし、

カフェインや辛いもの、砂糖なども影響をおよぼすと言われています

 

ご自身では胃の不調は感じていないようでしたが、まずはご自身で

できるところからコンディションを整えてもらうだけでも良い方向へいくでしょう

 

症例2:肩こりが肩甲骨周りまで波及してきた例

患者さん

37歳 女性 歯科衛生士

初回来院

平成29年1月12日

症状

症状

以前からあった肩こりが悪化。ここ1ヶ月で肩甲骨周りまで痛みが出る

一昨日は後頭部頭痛もあり→市販の頭痛薬で対処

痺れ(−)安静時痛(−)

 

腰痛で来院していたご主人がよくなったので、自分もと思い来院

 

施術内容と経過

検査をすると

 

(座位)

上肢外転 左(++)右(+)

肩甲骨 左(+)

頚部運動制限 左(+)右(−)

頚部偏位あり

 

(仰臥位)

右季肋部硬さ(+)

バンザイでの硬さ(+)

 

頭蓋骨:後頭骨ロック

 

(自律神経チェック)

感情ストレス:怒り

フルスパイン:T6

フリーラジカル

経絡:肝経

頭蓋骨:蝶形骨(側屈捻転)

 

●調整ポイント

  • 硬膜(頚椎・骨盤)の調整
  • 頭蓋骨(蝶形骨)の調整
  • 経絡の調整(肝経)
  • 神経の調整(フリーラジカル)
  • 胸椎(T6)の調整

 

施術後は座位での硬さも頚部の運動制限もクリア

9日後の2回めの施術後には肩こりのツラさを感じないほどに回復

 

考察

肩こりの多くが怒りなどの感情ストレスによるものであったりします

とくに経絡で言う肝経や肝臓は「怒りの抑圧」が大きく関係

イライラしていると肩に力が入ってしまうイメージです

 

このケースでも肝経も怒りでのストレスでも反応がありました

こういった筋骨格系以外の要素も調整することが早期改善のポイント

 

マッサージやストレッチでは改善しない肩こりは感情面からのチェックをしてみてはいかがでしょうか?

症例3:頭痛や視野の狭さを伴う肩こりの原因は

患者さん

39歳 女性 看護師

初回来院

平成29年1月10日

症状

症状

学生時代(10年以上前)から肩こりあり

 

肩こりに伴うように

頭痛(後頭部や前頭部)やヒドくなると視野が狭くなる感じがある

4・5年前には右手が痺れたこともある

 

最近は手足の冷えや、ストレスを感じると手汗や震えが起きることも

 

施術内容と経過

検査をすると

 

(座位)

上肢外転 左(+)右(+)

頚部偏位あり

 

(仰臥位)

右季肋部硬さ(+)

バンザイでの硬さ(+)

感情ストレス:怒り

交感神経

右股関節ロック

 

●調整ポイント

  • 硬膜(頚椎・骨盤)の調整
  • 頭蓋骨の調整
  • 神経の調整(ストレス)
  • 骨格(股関節)の調整
  • 頚椎の調整

施術後は座位での硬さも頚部の運動制限もクリア

2週間後の3回めの施術時に話を伺うと、

肩こりのツラさは殆ど感じない

と仰っていました

 

考察

今回のケースで最も大きなポイントはストレスです

反応していたのは「怒り」と「交感神経

 

聞くとお仕事も激務で責任者という立場だそう。

きっと、カラダの緊張が抜けなかったのだと思います

 

イライラしたり、カラダに力が入ってしまった時の対処法もお伝えしました

調子は良くなったので、あとはご自身でセルフケアを行えば問題はないでしょう

 

早期での改善がみられて本当に良かったです^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加