顎関節症

なぜ?マウスピースをしても改善しなかった顎関節症が改善するのか?

なぜ?マウスピースをしても改善しなかった顎関節症が改善するのか?

顎関節症の解決策をお探しのあなたへ

 5000人の実績

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 歯医者に行っても1年以上経つが、なかなかよくならない
  • 大きく口を開けたりくしゃみをすると痛みが出るので口を開けるのが怖い
  • マウスピースを処方され、様子を見ているがよくならない
  • 寝ている時に噛み締めてしまって、朝起きると顎や歯に痛みがある
  • 口を開けるとカクカクと音が鳴る

疫学調査では日本人の70~80%は顎に何らかの異常がある。しかし、実際に病院で治療を受けている人は10%にも満たない、というデータがあります

 

このデータからわかるのは顎の不調は軽視されがちなのか、あまりカラダの不調として捉えていない方が多いということです

 

しかし、顎(顎関節)というものはカラダの中でもけっこう重要な関節のひとつ

決して軽視したり見過ごしても構わないような問題ではないケースも少なくありません

※軽視してよい関節の問題などありません!

 

実際、三玄堂に顎関節症で来られた方にお話を伺うと、顎の不調を感じている方は少なくありません。とくに肩こりや頭痛、腰痛、ヘルニアなどを訴えている方に顎の問題が見られる場合も多い印象があります

 

しっかりと顎の問題を改善させることがカラダの不調の改善につながる可能性は大いにあります

 

三玄堂にも多くの方が顎関節症にまつわるお悩みで来院されたり、上記のような肩こりや頭痛と併せて施術を受けたりしますが、しっかりと改善されて痛みのストレスなく過ごされている方がたくさんおられます

 

ここでは顎関節の働きや顎関節症について、また三玄堂の考える顎関節症の対処法などをご紹介していきますので参考にしてくださいね

 

顎関節症とは

耳の前にあり下顎骨(下顎の骨)を動かす際に大きく動く関節が顎関節

この顎関節に起こる疾患の中でもっとも多いのが顎関節症です

 

顎関節症とは顎の関節または顎を動かす筋肉に異常が起こるもので、鶴見大学歯学部の調査では

  • 20代の発症率が高い
  • 年齢が高くなると減少傾向にある
  • 低年齢層にも発症率は低い
  • 全体的に男性の数倍の数で圧倒的に女性に多くみられる

というデータがあります

 

顎関節症の分類

顎関節症には障害される部分によって5つに分類することができます

  • Ⅰ:咀嚼筋障害(咀嚼筋の障害があるもの)
  • 関節包・靭帯障害(関節症や靭帯の慢性外傷性病変によるもの)
  • Ⅲ:関節円板障害(関節円板の異常)
  • Ⅳ:変形性関節症(退行性病変)
  • Ⅴ:Ⅰ〜Ⅳ型に該当しないもの

このように、5つのタイプに分類されますが必ずしも単一のタイプでみられるわけではありません。場合よっては複数同時にみられることもあります

 

顎関節症の多くがⅢ型の関節円板の位置異常だと言われています

関節円板の役割は関節の骨同士の摩擦を防ぎ、スムースな関節運動を行うこと

 

関節円板に異常が起こることで口を開けたり顎を動かす際に「カクン」といった異音(クリック音)が生じるようになってしまいます

 

顎関節の位置

顎関節症の症状

顎関節症による症状は顎関節そのものの症状と、顎関節症に伴う全身の「周辺症状」に分かれます

 

顎関節症の症状

  • 口が開きにくい(開口障害)
  • 口の開け閉めで音が鳴る
  • 顎関節部に痛みがある
  • 口を開けた際に顎が左右にズレる
  • かみ合わせに違和感を感じる

 

成人で4〜5cm開くことができれば正常ですが、開口障害の場合約3cm以下とかなり開きにくくなります

開口障害と口を開いたときの痛みなどは併発することも多く、音が鳴ったりもさらに併発するようなケースも少なくありません

 

顎関節症に伴う周辺症状

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 耳の痛み
  • 耳鳴り
  • 難聴
  • めまい
  • 歯痛

などがみられることがあります

 

顎関節症の原因と対処法

顎関節症の原因

顎関節症が生じる原因には次のようなことが考えられます

  • 構造的問題
  • 姿勢
  • 日常的なクセ
  • 外傷など外からの強い外力
  • かみ合わせの異常
  • ストレス

 

顎関節は大きく口を開くと亜脱臼状態になるような構造になっています。

これは口を大きく開くという特殊な動きを可能にするための結果であり、その結果顎関節は外力に非常に弱い造りの関節であるといえます

 

そのため、ほおづえや悪い姿勢、外傷による外力など顎関節の障害を発生させるリスクがたくさんわたしたちの身の回りにはあるのです

 

もうひとつ、近年重要視されているのがストレスとの関係

ストレスがかかると思わず肩に力が入り、食いしばったりと顎関節に大きな負担をかけてしまうことが多々あります。現代のストレス社会で今後顎関節症が増えてくるかもしれません

 

ストレスも関係あり

顎関節症の一般的な対処法

顎関節症に対して一般的には下記のような対処法をおこないます

  • マウスピースの装着などの保存療法
  • ホットパックなど物理療法
  • 痛み止めや筋弛緩剤などの薬物療法
  • 手術療法

 

第1選択は基本的に保存療法。

痛みに対し消炎鎮痛剤などを服用とともにマウスピースの装着を。顎関節への負担の軽減を図ります

 

これでも軽減しないような症状の強いケースでは局所麻酔をしながら徒手的に関節の矯正を行ったり、関節腔内洗浄法といって点滴注射で関節の中を洗いながら、潤滑剤を注入する手術を行うこともあります

 

また、口腔外科では内視鏡による手術を行う場合もあります

 

三玄堂での顎関節症への対処法

三玄堂での顎関節症に対して以下のようなアプローチをとっていきます

  • 整体(骨格や筋肉の調整)
  • 生活習慣のアドバイス(生活改善や動作指導など)

 

三玄堂での整体施術について

整体でのアプローチは大きくわけると2つ。

顎関節の調整】と【顎関節症に至った問題点の調整】をおこないます

 

顎関節症の調整

1. 骨格の調整

顎関節は側頭骨と下顎骨からなる関節ですので、この2つの骨の調整をおこないます。

また、顎関節は頚椎をはじめ全身の骨格とも関係の深い関節です。頚椎、骨盤など全身の骨格をチェックしながら調整し、顎関節への負担の軽減を図ります

 

周辺症状として耳鳴りやめまいのある方はこの側頭骨の動きがが悪くなっているケースが多くみられます

 

2. 筋肉の調整

顎関節を動かす(口を開ける、口を閉じる)筋肉の調整をおこないます。

とくにストレスで食いしばりの多い方は噛みしめる際に働く筋肉がガチガチになっているケースがほとんどです

 

顎関節症に至った問題点の調整

顎関節症の原因は先にも挙げたように

  • 構造的問題
  • 姿勢
  • 日常的なクセ
  • 外傷など外からの強い外力
  • かみ合わせの異常
  • ストレス

など

 

構造的問題やかみ合わせの異常は上記の骨格や筋肉の調整で対応できますが、とくにストレスの問題が大きく関係している方が増加傾向にあります

 

三玄堂では自律神経を調整し、ストレスを軽減させるような施術をおこないます

これにより、顎関節症に至った問題点からの解決を図ります

 

このように、骨格や筋肉、自律神経など問題点をひとつひとつ丁寧にチェックし、施術をしていきますが施術はとてもソフトで痛みを伴うようなことはいっさいありません

 

あなたは「整体」と聞いて、どのようなイメージをお持ちになりますか?

もしかしたら、「ボキボキするんでしょ…!?」「痛いのはイヤだなぁ…」と思われるかもしれません

 

でもご安心ください!

三玄堂の整体はひとことで表現すると、ゆっくり寝ている間に調整できるソフトな整体法です

 

とてもソフトな施術ですので、小さなお子さまからご高齢の方までどなたでも安心して受けることができます

 

施術を受けた方からは

「何をしているのかわからない」

「いつの間にか軽くなっていて不思議」

といった声をよくいただきます

 

生活習慣のアドバイス

顎関節症の原因には

  • 姿勢
  • 日常的なクセ
  • かみ合わせの異常
  • ストレス

などが含まれています

 

施術で調整したポイントをもとに生活習慣などのアドバイスをおこなっていくなど、アフターフォローにも力を入れています

 

施術の模様を動画で紹介します

※音が出ます。ご注意ください

顎関節症を予防するために

三玄堂の施術のテーマのひとつに「痛みの出にくいカラダを目指す」があります

 

顎関節症による痛みやツラさから開放されるのはもちろんですが、せっかくよくなったものが再び再発してしまうのはとてもモッタイナイですよね

 

そこで、三玄堂では顎関節症を早期に改善させるだけでなく、再発の予防までを見据えた方法として、「みずぽっと体操」という体操を用いてセルフケアの指導をしています

 

このセルフケアはメディアでも多数掲載されているだけでなく、これまでに全国で30,000名以上の方が効果を体感しているという実績があります

 

このみずぽっと体操は全国でも指導を受けられるところは限られており、

横浜市内では三玄堂しか受けることができません

 

あなたがご自宅や職場で簡単にできるセルフケアをお伝えしますが、その後もしっかりフォローしますので、

「できなかったらどうしよう…」

「うまく効果が出るのかな…」

という心配はありません。ご安心ください。

 

声

歯医者で治らなかった口が開けやすくなりました

お客様写真
アンケート用紙

Q.施術を受ける前はどんな症状でお困りでしたか?

固い物を食べたあと顎がズレてしまい、歯医者に行っても治らず。

口が開けづらかったです

 

Q.今まではその症状に対して何か対処はされていましたか?

マウスピースを日中、寝ている時とつけていました

 

Q.実際に施術を受けてみてよかったと思ったところはどんなところですか?

口が開けやすくなったこと。体の硬さが改善された

 

Q.施術以外で良かったと思ったところはどんなところですか?

先生の対応がよかったです。話をやさしく聞いてくれる雰囲気が安心しました

 

Q.これから三玄堂で施術を受けようとしている方にひとことメッセージをお願いします!

気になることがあれば先生にまずは聞いてみる。体も心も和らぐと思います

 

S.Kさま 28歳 女性 動物看護師

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

施術料金

ホームページ限定の初回割引キャンペーン実施中

 

院長施術

スタッフ施術

初診料

3,000円(税別)

施術料金

7,000円(税別)

6,000円(税別)

担当スタッフのご希望がある際はご予約時にお申し出くださいませ

 

ご予約・お問い合わせはコチラから

お気軽にお電話ください!

LINE予約

 

はい、三玄堂です」と出ますので

ホームページをみました。顎関節症で整体の予約をとりたいのですが」とお伝えください

ご希望の日時をお伺いし、ご予約を承ります

 

院長からのメッセージ

顎関節症で悩まれている方は意外と多くいらっしゃいます

 

歯医者さんや口腔外科でもなかなかよくならず諦めてしまっている方

自然に治るだろうと、あまり気にしていない方

なども多い印象です

 

しかし、実は肩こりや腰痛などよくある症状の裏には顎関節症が潜んでいることも少なくありません。それは顎関節症の引き金のひとつがストレスだからです

 

顎関節に異常がみられるような方をここ戸塚に開業してからも、その前に勤務していた整骨院でも本当にたくさんお会いしてきました

 

ひどい方は

思い切り口を開けて食事がしたい…

「口を開けて笑いたい…

「いつ口が開かなくなるか心配で大好きな趣味も全然楽しめない…

このように、一般には誰でもできるようなことさえ制限してしまっている方もおられます

 

どうしたらこういったお悩みをより確実に解決できるのか?

常にベストな方策を模索してきました

 

今の施術法に出会い、顎関節症を顎関節そのものと顎関節症に至った問題点の両面にアプローチすることで、確実に顎関節症を改善に導く道筋を見いだせるようになってきました

 

もしあなたが

  • 歯医者に行っても1年以上経つが、なかなかよくならない
  • 大きく口を開けたりくしゃみをすると痛みが出るので口を開けるのが怖い
  • マウスピースを処方され、様子を見ているがよくならない
  • 寝ている時に噛み締めてしまって、朝起きると顎や歯に痛みがある
  • 口を開けるとカクカクと音が鳴る

など、この中からひとつでもあてはまるのなら、あなたはきっと「ココに来てよかった!」と感じていただける。そんな整体院です

 

あなたは今の顎関節症がよくなったら、何がしたいですか??ぜひその想いをお聞かせください

 

三玄堂はあなたの「よくなったらしたいこと」のために全力でサポートします

あなたのご来院を心よりお待ちしております

 

サイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加