【症例報告】病院の検査では問題のない頭痛の原因は??

頭痛を整体で改善

意外と多い!?「病院の検査では異常なし…」

今回ご紹介するのは頭痛がヒドく、病院で検査をしたけれども異常はみられなった患者さんの話です

 

脳神経外科や専門の頭痛外来で検査を受けるも、とくに異常は見られなかった

そんな患者さんが何かしらの解決策を求めて整体院を訪れるケースは少なくありません

 

病院の検査で異常がない=どこも悪いとこはない、ではありません

あくまでも病院ができる検査では問題はみられない、と解釈すべき

 

つまり、そんな時こそ整体がお役に立てる番ではないかと三玄堂は考えています

 

この患者さんの場合は内臓の疲労が頭痛を引き起こす問題であると考察でき、施術の結果1回で頭痛もスッキリと解決することができました

 

三玄堂では頭痛をどのように考えて、どこを診て、どのように施術をしていくのか?

実際の患者さんの例を取りながら紹介していますので参考にしてくださいね

 

問診(カウンセリング)

施術を行うにあたり、まずは詳しくお話をお伺いしていきます

 

45歳 男性(会社員:デスクワーク)

◉主訴:頭痛(右後頭部)

以前から頭痛持ちだったが、2週前から市販の鎮痛剤を飲んでも効果が持続せず

病院(脳神経外科)でCT→異常なし。肩や目の疲れからではないか?と言われた

 

症状は常に頭痛があるわけではなく、波がある

朝に痛くなるとか、夜になる痛くなるなど日内変動はあまりない

 

(既往歴)

腰痛あり

 

(病歴)

とくになし

 

(その他)

3年前に健康診断で背骨が曲がっていると言われた

→問題はなく様子見でいる

 

検査

次に検査です

 

◉検査

(座位)

上肢外転 左(+)右(+)

脊柱の硬さ 腰仙部(+)腰部(+)胸部(+)

PSIS 左(+)右(+)

頚椎チェック問題なし

頚部後屈タイトネス(+)

上肢屈曲 左(+)右(+)

胸郭タイトネス(+)

肩甲帯タイトネス(+)

 

(仰臥位)

肩関節 左(−)右(−)

肘関節 左(−)右(−)

手関節 左(+)右(+)

股関節 左(−)右(−)

仙腸関節 左(−)右(−)

股関節 左(−)右(−)

膝関節 左(−)右(−)

足関節 左(−)右(−)

腎臓で反応あり→大腰筋(−)

 

施術(調整)

では、調整内容です

 

◉調整

カラダ全体のエネルギーの調整(経絡)→心経と腎経

硬膜の調整

頚椎と骨盤の調整

腎臓の調整

神経の流れのチェック

手関節の調整

 

座位でのカラダの硬さが顕著であったため、初回の調整はこの硬さの改善にフォーカス

調整後は座位での硬さの大半に軽減がみられたため、これで様子を見ることに

 

また、施術中に反応が見られたポイントである腎臓と心臓についてや、カラダの歪みの原因などについて説明

 

頭痛の多くが内臓からの疲労やカラダの歪みが関係していることをお伝えしました

2回目以降の調整は座位での硬さの改善具合を見ながら手関節の硬さや問題の深掘りを進めていくことを予定

 

5日後の来院時に経過をお伺いすると頭痛はすっかり良くなったとのこと

座位での硬さも前回の施術後より良い状態になっていました

 

頭痛に関しては、再び症状が出てこないかどうか、様子を見ることに

2回目の施術からは病院の検査で言われた「背骨が曲がっている」問題にアプローチ

胸椎の偏位・動きの固さを中心に調整しました

 

3回目以降は頭痛の症状を予防するためのセルフケア指導とともに、背骨の問題を中心に調整を重ねていくというプランを提案しました

 

まとめ

頭痛がなかなかよくならない…薬を飲んでも改善しない…

こんなときには病院で検査を受けることはとても重要です

 

なぜなら重篤な病気(脳出血や脳梗塞、脳腫瘍、クモ膜下出血など)によって頭痛が引き起こされる場合がありますので、注意が必要です

※詳しくは頭痛のページをご覧ください

 

反対に、病院での検査で問題がない場合は三玄堂での施術など整体での改善が可能です

 

この患者さんの頭痛の原因は内臓の疲労でした。しかもご本人の体力もあったおかげで1回の施術で大きく改善させることに成功

 

ひとこと頭痛といっても、引き起こされる原因は多岐にわたります

内臓の疲労、肩こり、頚椎の偏位、冷え性や血行不良など…

 

だからこそ、大切なことは細かくカラダを診ていくことです

頭痛だから首をマッサージする、肩のストレッチをする、と安直な考えでは思うような改善が見込めない場合があります

 

腎臓は東洋医学では「先天の気」という生命力を司ると場所だと考えられています

この気の流れが滞る=体力の低下であると三玄堂では考えています

 

頭痛がなかなかよくならない、肩をマッサージしたりストレッチしてもよくならない…

そんな時は思い切って三玄堂にご相談ください。原因を一緒に見つけ出し、解決していきましょう。きっとあなたのお役にたちますので大丈夫です^^

 

本日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました

一緒に「100年使える」ような元気なカラダを目指しましょう^^

 

三玄堂はあなたの「いつまでもやりたいこと」を全力でサポートします!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加