【症例報告】病院ではハッキリしない体調不良の原因は

冷えは大敵!

病院での検査で異常がないときに見るべきポイントは?

今回ご紹介するのは背中と胸の痛み病院で検査を受けたり、気功整体に通ったものの、改善がみられなくて三玄堂にいらした患者さんの話です

 

病院での検査で異常がない=健康という意味ではありません

あくまでも病院の検査では見つからない問題がある、と三玄堂では考えています

こんな時はすべきことはシンプルでしっかりとカラダを診ていくこと

 

三玄堂では検査8割施術2割、なんてお話をよくします

それくらい、カラダを診ていくことに重きを置いています

 

とくに肩こりや腰痛といった筋骨格系の症状でない場合はなおさらで、

  • 内臓の問題
  • 脳神経や知覚神経、運動神経の問題
  • ストレスやトラウマ
  • ウイルスや細菌
  • 花粉などの化学物質
  • 重金属などの問題
  • ホルモンの問題
  • アレルゲンの問題
  • 暑さ、寒さなどの外的要因
  • 薬・サプリメント

などさまざま面から影響を割り出していきます

 

この患者さんもゆっくりとではありますが症状が改善し、穏やかな生活を取り戻せました

 

三玄堂ではこのように病院での検査では異常がない症状ををどのように考えて、どこを診て、どのように施術をしていくのか?

 

実際の患者さんの例を取りながら紹介していますので参考にしてくださいね

 

問診(カウンセリング)

施術を行うにあたり、まずは詳しくお話をお伺いしていきます

 

75歳 女性(主婦)

◉主訴:背部・前胸部痛・不眠(寝足りない感覚)

2週間ほど前から前胸部と背部に強い痛みが発生

→動くのもままならないほど強くなったので内科へ

 

内科では特に異常は見られず、整形外科の受診をすすめられる

→整形外科でレントゲンを撮るも異常なし

痛み止めを処方され様子をみる

 

それでも症状寛解せず、気功整体にも通うがよくならない

→その後様子を見ていたがいっこうに痛みが改善しないため来院

 

現在は

  • 背部のズキズキする痛みと重さ→特定の動作での痛みはなし
  • 前胸部の締め付けられる感覚
  • 7時間寝てもスッキリせず寝足りない感覚

が主な症状

 

(既往歴)

なし

 

(病歴)

乳がんで手術(右リンパ浮腫あり

→術後間質性肺炎に。ステロイドを数年服用

 

(その他)

趣味でダンスを週2回

 

検査

次に検査です

 

◉検査

(座位)

上肢外転 左(−)右(−)

脊柱 腰仙部(+)胸腰椎部(+)胸部(+)

PSIS 左(−)右(−)

頚椎チェック問題なし

背部緊張 左右ともに(++)

 

(仰臥位)

上肢・下肢ともに四肢の関節は問題なし

下肢筋力テスト 右(↓)→胸椎部で反応

 

施術(調整)

では、調整内容です

 

◉調整

カラダ全体のエネルギーの調整(経絡)→脾経(リンパ)

硬膜の調整

頚椎と骨盤の調整

神経の流れのチェック

錐体外路(胸髄)・外邪(冷え)などを調整

 

調整後は脊柱の硬さが大きく改善し、背部の緊張も改善

患者さん本人も苦しさが軽くなった感じが出たようなので初回はこれで様子を見る

 

2回目の来院時には背部の緊張も軽減したがまだ重い感じがあるとのこと

そこで、まだ残存する寝足りない感じと冷える感じに対してアプローチ

 

反応はステロイドと蝶形骨ロック

→調整後は背部の緊張もさらに軽減し、睡眠の具合をみることにする

 

3回目の施術時には頚椎で神経の流れに障害→調整

肋骨の硬さと心臓で反応→調整で背部の緊張がさらに緩和

 

施術中に反応が見られたポイントを通じて、この患者さんには

  • 脾経→脊柱の硬さに関連
  • 背部の緊張は筋肉でなく神経による緊張→冷えやリンパ、脊髄神経の流れ
  • 寝足りない感覚は長年服用していたステロイドの影響副腎の機能低下

などが体調不良の原因ではないかとお伝えしています

 

まとめ

今回のケースで調整したポイントは、どれも病院の検査ではあまり調べない項目ばかり

検査ではなかなか異常は見つからないかもしれませんね

 

しかし、症状やカラダの不調がある=どこかに問題点がある

ことは事実。多少時間がかかってもまずは問題点を探し出さなくてはいけません

 

問題点を探し出す作業はとてもたいへんで頭も使います。時間もかかります

そのため、多くの治療院ではこういった入念な検査を省いて施術をしてしまう…

そんな話をよく耳にします

 

三玄堂ではそんな「面倒」をあえて行い、患者さんの症状改善のために全力を尽くします

この患者さんも施術を重ねていくごとにカラダの状態も上向きになっています

心なしか表情も温和になっていくものです

 

問題点を的確にアプローチすることで少ない力、少ない時間でも改善が可能です

ただ痛いところや気になる所をマッサージしたりストレッチすれば良いというものではありません

 

カラダの不調がマッサージやストレッチで改善しなかったり、病院の検査で異常が見つからなくても諦めず、ぜひ三玄堂にご相談ください

不調の原因が見つかるかもしれません。きっとあなたのお役にたちます^^

 

本日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました

一緒に「100年使える」ような元気なカラダを目指しましょう^^

 

三玄堂はあなたの「いつまでもやりたいこと」を全力でサポートします!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加