頭痛本文

なぜ

日々の生活に支障がでるような頭痛があると、まずイメージされるのは痛み止めなどの服用です。

 

病院でもこのような投薬治療が第一選択として行われることがほとんです。

 

このような治療で良くなるケースは良いのですが、思うような改善が見られずお困りの方も少なくありません。

 

また、頭痛薬を飲めばよくなるのだけれど、度々頭痛に見舞われるので薬を手放すことができない

 

できれば薬を飲まずに日々の生活を送れるようになりたい。というお話をよく聞きます。

 

ではなぜ、投薬治療では思うように改善されなかったり、薬に頼らざるを得ないような状態になってしまうのか?

 

それは投薬治療のほとんどが症状だけをみていて、身体の状態を見ることをしていないからです。

 

私たちの身体は

・姿勢や骨格のバランス

・栄養

・メンタル

など身体にとって大切な要素が満たされていることで健康で元気な状態を保つことができています。

 

薬を飲んで身体に現れている症状を抑えることだけにフォーカスしてもこのような身体にとって大切な要素が欠けたままであれば健康で元気な状態にはなれないからです。

 

とくに頭痛による症状でお悩みの方は姿勢や骨格のバランスが崩れることが問題として多くみられます

 

頭痛薬を飲んでもよくならない、薬が手放せない頭痛という方の症状改善にはこのような身体の状態から改善していくべきと考えています。

三玄堂では

頭痛の症状がヒドくて来院された方のほとんどで

 

・身体のゆがみがあり、いわゆる「不良姿勢」になっている

首の動きが硬く可動域が小さくなっている

呼吸が浅くなっている

・肘から先の前腕がパンパンになっている

 

などがみられます。

 

三玄堂ではこのような身体の状態を改善し、薬に頼らない生活を送れるようになるために

 

・姿勢や骨格のバランスを整える

・首まわりの筋肉と関節、神経へのアプローチ

 

この2つの施術を行ないます。

姿勢や骨格のバランスを整える

施術

身体のゆがみがあり、不良姿勢になってしまうことでなぜ頭痛になってしまうのか?

その理由は身体の循環にあります。

 

私たちの身体は60%が水分だと言われています。この水分が滞りなく流れている状態がベストです。

 

しかし、身体のゆがみがあるということはこの水分が流れにくくなっていると言えます。

 

丸まったホースの中を流れる水は滞りやすい、そんなイメージです。

 

心臓から脳へと流れる血液の流れが悪くなったり、脳から全身へと伸びる神経の流れに影響がでたり

 

その結果、頭痛が起きてしまうようになってしまうと考えています。

 

三玄堂ではこのようなゆがみの施術として

・首の調整

・骨盤の調整

・手首と足首の調整

などを行っていきます。

 

施術の結果、ゆがみが整い姿勢が良くなることで循環しやすい身体になることで症状の軽減へ繋がっていきます。

首まわりの筋肉と関節、神経へのアプローチ

首

姿勢が改善され、バランスのよい状態になったら次に行うのが首まわりの問題に直接アプローチしていきます。

 

首(頚椎)は

・心臓から首を通り、頭へと向かう血管がある

・首(頚椎)から頭へと向かう神経がある

ことから頭痛による症状を改善させるためには非常に重要なポイントです。

 

このようなケースでは首回りの筋肉がガチガチで動きが悪くなっていることがほとんどです。

 

三玄堂ではこのガチガチな首を緩め本来あるべき動きを取り戻します

 

その結果、首を通る血管や神経の滞りがなくなることで頭痛の症状の改善に繋がっていきます。