パニック障害・不安神経症

パニック障害・不安神経症を改善するには?

パニック障害・不安神経症を改善するには?

こんなお悩みはありませんか?

ブレッド

ご安心ください

もう大丈夫です。
当院の施術でパニック障害・不安神経症にまつわるお悩みは解決できます。どうぞご相談ください。

 

特にカラダの病気はないはずなのに、突然激しい不安状態から動悸・めまい・窒息感などに襲われるパニック障害。突然起きる症状にショックや不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

 

パニック障害という病名はまだ歴史が浅く、最近になってテレビや雑誌などで取り上げられ注目されることが多くなりました。

発作が起こるのは日常のありきたりな場面で多く「このまま死んでしまうかもしれない」と思うほど不安を感じてしまうことから、経験したことのない周囲の方々の理解がなかなか得られにくい病気です。

 

しかし、統計的では100人に2〜3人程度は一度経験すると言われており、誰にでも起こりうる症状なのです。

病院での治療がなかなか上手くいかず、どのように解決すれば良いか悩んでいる方はぜひ三玄堂にご相談ください。

そもそも「パニック障害・不安神経症」ってどんなもの?

パニック障害・不安神経症の3つの症状(画像)

パニック障害・不安神経症は、予期せず動悸やめまいといった症状に襲われ強い不安感を体験することが特徴です。

人間が危険を回避するために備わっている「恐れ」や「不安」といった感情が、ちょっとしたことや日常の中で突如ピークに達してしまうのです。

 

パニック発作がひどくなると「気が狂ってしまうのではないか」とか「このまま死んでしまうのではないか」と考えてしまうことがありますが、この症状自体が生命に危険を及ぼすものではありません。

 

必要以上に発作が起こってしまうことを想像したり、恐怖のため家から出られなくなるなど日常生活に支障をきたすことがあるのも特徴です。

パニック障害・不安神経症の原因は完全にはわかってはいません。

 

しかし、近年では脳内の神経伝達物質がパニック障害・不安神経症と関係していると言われております。これは精神安定に働くセロトニンと興奮状態へ導くノルアドレナリンのバランスが乱れることで症状が発生していると考えられているからです。

 

また、不眠や過労が原因となる肉体的なストレスや様々な感情からおこる心理的なストレスが原因となることもあります。

一つの原因だけでなく、複数の要因が重なって発症することが多いため治療には長い期間を要します。

一般的なパニック障害・不安神経症の対処法

一般的な病院でのパニック障害・不安神経症の治療は主に2つです。

  • 薬物療法
  • 認知行動療法

薬物療法は、抗うつ薬や抗不安薬を用いてパニック発作を予防し心配や不安を抑えていくことを目的に行います。

薬を所持しているだけでも安心感があり、予期不安が抑えられることがあります。かつては難治性の疾患と言われていましたが、効果がある薬も確認されてきたことから薬物療法でパニック発作を抑えられることは多くなってきました。

 

認知行動療法は、認知の歪みを矯正する認知療法と誤った行動パターンを正しい行動パターンに学習させる行動療法を組み合わせたものです。薬物療法では改善が難しい心の問題を自分自身で解消していくことを目的に行います。

薬物療法でパニック発作を治療した後、行動認知療法で予期不安を解消していくという流れとなることが多いです。

三玄堂で行うパニック障害・不安神経症の施術

3つのステップ

三玄堂では、病院で改善が見られなかったパニック障害・不安神経症には自律神経の乱れと姿勢の悪化を整える施術を行います。自律神経と姿勢が整うことで、血液やリンパ液の循環が良くなり自然治癒力が高まります。その結果、パニック障害・不安神経症が改善していきます。

自律神経や姿勢が乱れる要因は様々なストレスが関係しており、三玄堂では以下の3つと考えています。

  1. 感情のストレス(不安、恐怖、神経質、我慢など)
  2. 環境のストレス(気候、薬、添加物、金属品など)
  3. 肉体のストレス(疲労、怪我など)

これらの3つのストレスから自律神経や姿勢が乱れる原因を探し出し施術を行います。

 

また、自分の思いとは裏腹にパニック障害・不安神経症でいることが都合が良く、なかなか症状から抜け出せない場合があります。そのため三玄堂では、お話をしっかり聴いてどうするのが良いかを一緒に考えます

その他にも、生活習慣の改善がとても重要なポイントとなるためアドバイスを行います。

三玄堂がおこなうパニック障害・不安神経症への施術

ストレスによって乱れた自律神経の働きと姿勢の悪化は、次のような施術を行い高めていきます。

  • 内臓の調整
  • 経絡(ツボ)の調整
  • 背骨の調整
  • 頭蓋骨の調整

いずれも軽く触れる程度のもので痛みは伴いません。

施術の結果、自律神経の乱れと姿勢の悪化が解消されパニック障害・不安神経症が改善します。

内臓の調整

施術

自律神経が乱れると内臓が元気のない状態になってしまいます。

カラダは元気のない内臓を守ろうとして、姿勢の悪化を生じさせバランスを保とうとします。

 

その結果、カラダの水分の流れが悪くなり様々な症状を引き起こします。

内臓を調整することで全身の水分が循環しやすい状態に近づき不調が改善していく状態になります。

経絡(気の流れ)の調整

施術

経絡(気の流れ)は人が生きていくために必要な「気・血・水」の通り道のことです。

  • 気:生命エネルギー
  • 血:血液
  • 水:リンパ液や涙といった血液以外の水分

経絡(気の流れ)は感情や内臓と深い関わりをもっています。

そのためストレスを感じると経絡(気の流れ)が乱れ、内臓の働きを低下させ姿勢の悪化を生じさせます

 

症状やお悩みのストレスなどのお話から乱れた経絡を探し出し、手足にあるツボを用いて調整をしていきます。その結果、自律神経や姿勢が整い症状が改善していきます。

背骨の調整

施術

背骨は神経の出入り口にあたり、カラダにとって重要な場所です。

姿勢に関係する重要な筋肉がたくさん存在します。

 

そのため、背骨がガチガチになり、動きがスムーズでなくなることでバランスが崩れゆがみを生じます。

背骨は自律神経と深い関係があるため、調整することで自律神経と姿勢を整え症状の改善を図ります。

頭蓋骨の調整

施術

内臓の疲労やストレスが過剰にかかると自律神経の中枢でもある脳にも影響が現れます。

その結果、頭蓋骨のつなぎ目が硬くなり、血液やリンパの流れに問題が生じます。

 

そこで三玄堂では頭蓋骨の調整を行うことで、自律神経の働きの安定化して血液やリンパの流れをの正常化を図ります。

その結果、姿勢も改善されます。

生活習慣の見直し

また、パニック障害・不安神経症の改善には、生活習慣の見直しが必要な要素となります。

  • 甘い物や添加物の摂りすぎ
  • 働きすぎ、考えすぎ
  • パニック障害でいる方が都合が良いことがある
  • 過度なアルコール摂取
  • 水分不足

などは自律神経の働きを弱めてしまいます。

 

施術だけではなく、生活習慣の見直すことがパニック障害・不安神経症改善の大きなポイントになりますのでアドバイスをします。

お客様の声

4年以上続いた全般性不安障害が改善し、仕事も楽になりました

お客様写真
アンケート用紙

4年半前、過度な運動とストレスから抑うつ状態に。全般性不安障害と自律神経の乱れがあり、疲れきらないと寝れず朝は無気力状態。常に不安にかられ頭痛がある状態でした。

この半年間で施術前の4年間より圧倒的に状態が良くなり、考え事している時の頭痛が抑えられ仕事中が楽になりました。

私のような症状で長年悩んでいる方は多いと思います。

現在の生活リズムを続けながら治療したい方々には三玄堂で施術することをおすすめします!

Sさん 25歳 男性 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

漠然とした不安感が軽くなっていきました

お客様写真
アンケート用紙

漠然とした不安感、喉の詰まり、ヒリヒリ感、少し過呼吸っぽくなっていました。

こまめに水を飲んだり運動をしたりしましたが改善せず、辛い時は薬に頼っていました。

三玄堂の施術を受けてから少しずつですが症状が軽くなっていきました。

施術以外でも、悩みや不安・辛いことなどを話しアドバイスを聞けたのが良かったです。

Sさん 44歳 女性 パート

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

選ばれる理由

医師の推薦

追伸

私はもともとスポーツをやっていたため、スポーツ選手のチカラになりたいと思いこの業界に進むことを決めました。

しかし、実際に働いてみると、スポーツ外傷以外のカラダの不調で悩んでいる方があまりにも多く、自分のイメージとのギャップを感じたことを覚えています。

 

色々な所に行ったけど原因がわからなかった・・・

どんな対処をすればよいのかわからない・・・

そもそも治るものなのかわからない・・・

 

色々な「わからない」という不安で悩んでいる方々をみてきました。

この方々のチカラになりたい!

その反面、自分の技術不足や不安から自信を持って施術が提供できない不安の日々が続きました。

どうしたらこのような不安を解決できるのか?

勉強会に参加したり、自分で調べてみたりしました。
ベストな方策を模索した結果、パニック障害・不安神経症はストレスや疲労から起こる自律神経の乱れと姿勢の悪化が関係していることがわかりました。

 

今までなかなか改善しなかったパニック障害・不安神経症が改善する方も徐々に増えていきました。

そして気づいたときには、私も自信を持って施術を提供できるようになっていました。

今では多くのパニック障害・不安神経症で悩んでいる方々のチカラになることができています。
だからご安心ください。

 

あなたはそのパニック障害・不安神経症が良くなったら、何がしたいですか??
ぜひその想いを聞かせてください。

三玄堂はあなたの「良くなったらしたいこと」のために全力でサポートします。

あなたのご来院を心よりおまちしております。

谷口直也