膝痛(変形性膝関節症)

諦める前にご相談ください

諦める前にご相談ください

あなたは今、こんなことで

お悩みではありませんか?

  • 膝がとても痛くて寝返りができない
  • 椅子に座ったら何かに掴まらないと立てない
  • 階段を降りる時に痛みがある
  • 病院で水を抜いても3日で元に戻ってしまう
  • 膝が抜けそうな感じがして思うように動けない

1つでも当てはまる方は

できるだけ早く三玄堂にご相談ください!

絶賛しています

医師1
アスリート

喜びの声

患者さん

ソフトな痛くない施術で膝がラクになりました

お客様写真

筋肉の硬さが原因で長時間の運動をすると膝の横が痛かったです。

これまではストレッチやボール、ストレッチポールを使ってマッサージをしていました。

 

施術は優しくゆらしたり、触れているだけのような施術なのに可動域がすごく広がり、驚きました
自分の体の特徴を教えてもらえたし、普段のケアで何をしたらいいのかがわかり、

今までよりも積極的に自分の体と向きあおうという気持ちになりました。

Sさま 22歳 女性 フリーター(アルティメット日本代表選手)

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

曲げると痛い膝も軽くなりました

お客様写真

膝が曲がらず寝ていても痛みがありましたが、

湿布を常に貼ったり少し筋トレなどをしていました。

 

体が軽くなりましたし、痛いところを丁寧に

聞いてくださり助かりました。

 

ガマンをしないで早く来ればよいと思います。

黒田さま 60歳 男性 自営業

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

キャンペーン

7/13〜7/27までにご予約の方に限り

\ 初回 3,980円(税込) 

(通常料金:初診料3,300円+施術料金5,500円〜)

※院長の施術をご希望の場合は4,980円(税込)となります。
※先着10名様限りとなります。

→あと5名

そもそも変形性膝関節症とは

変形性膝関節症は膝の関節の周りに起こる、痛みや不具合を起こす疾患のひとつを指します。

中高年の方で膝の痛みを訴える方のほとんどがこの変形性膝関節症であると言って良いでしょう。

 

症状としては、

  • 歩くと痛い
  • 階段の昇り降りで痛い
  • 立ち上がる際に痛い
  • 正座ができない
  • 膝が曲げられない

などを訴えるケースが多く見受けられます。

 

例えば病院で

「軟骨がすり減っている」

「関節の隙間が狭くなっている」

などと言われた場合は変形が進行していると考えられますが、レントゲンなどの検査では異常がみられないこともあります。

 

異常がみられないにもかかわらず、痛みや不具合を感じて来院される方も多くいらっしゃいます。

放置しておくと状態が進行して手術をすることもあり、決して「年のせいだから…」と一言で済ませておくべきものでもありません。

 

変形性膝関節症以外で病名がつく膝痛は代表的なものとして、

  • オスグッド
  • タナ障害
  • 鵞足炎
  • ランナー膝、ジャンパー膝などのスポーツ障害
  • 膝蓋靱帯炎
  • けが(靭帯損傷、半月板損傷など)

などが挙げられます。

一般的な変形性膝関節症膝の原因と対処法

変形性膝関節症の主な原因は

  • 加齢や骨粗鬆症によるもの
  • 筋力の低下によるもの
  • 体重増加によるもの
  • ケガによるもの
  • リウマチや感染症などの疾患によるもの

などが挙げられます。どれもポイントは「膝にかかる負担」です。

 

膝の関節はしゃがむ、歩くなど身体を動かす際に必ず動かす関節のため、常に安定した状態にあることが理想的です。

しかし、骨粗鬆症で骨が弱くなったり膝周りの筋力が低下して膝を支える力が足りなく、膝に大きな負担がかかり続けた結果、痛みが生じてくると考えられます。

 

一般的に病院などでは

  1. 薬物療法
  2. 物理療法
  3. 運動療法
  4. 装具療法
  5. 手術

などが行われます。

 

多くは物理療法や運動療法を用いて症状の緩和を目指します。

膝関節の変形がヒドい場合は手術を選択することもありますが、できれば手術はしたくないものですよね。

 

では次に、三玄堂ではどのようなアプローチをとっていくのかをご紹介します。

三玄堂での変形性膝関節症の原因とアプローチ

加齢や筋力の低下、体重増加は膝への負担を大きくします。

その反面、年をとっても膝がまったく痛くない方もいます。お相撲さんのように体重があっても膝が痛くない方もいます。

 

この違いは何なのでしょうか?

なぜ日常生活に困る程の膝への負担が発生してしまうのでしょうか?

 

三玄堂では

  • カラダのゆがみ
  • カラダの使いかた

この2つの問題があるからと考え、施術を通じてその解決を図ります。

カラダのゆがみの施術

カラダのゆがみがあると基本的に姿勢が崩れます

とくにその殆どが前方向へかがむような、猫背のような姿勢を作ってしまいます。

 

これを放置しているとどうしてもカラダを支える膝に負担がかかりやすくなります。

そのため三玄堂では

  • 頚椎の調整
  • 内蔵の調整
  • 頭蓋骨の調整

の3つのポイントに施術をおこなうことでカラダのゆがみを調整し、膝にかかる負担の軽減を図ります。

頚椎の調整

施術

頚椎は脳から走る神経の出入り口にあたり、カラダにとって重要な場所です。

自律神経の中枢もあったり、姿勢に関係する重要な筋肉がたくさん存在します。

 

そのため、頚椎がガチガチになり、動きがスムーズでなくなることでバランスが崩れゆがみを生じます。

非常にデリケートな場所なので、あくまでソフトに頚椎にアプローチしてゆがみを調整していきます。

内蔵の調整

施術

内臓が疲れたり、ストレスでカラダが緊張すると、カラダはそれをかばうようにします。

このとき発生するのが「カラダのゆがみ」で、たとえばお腹が痛いとお腹を中心に前にかがむ、あの感じです。

 

これは内臓の負担を少しでも軽くしてあげようと、反射的にゆがませてしまっている現象。

そこで、三玄堂では内臓の施術をすることでゆがみを調整していきます。

頭蓋骨の調整

施術

内臓の疲労やストレスが過剰にかかると自律神経の中枢でもある脳にも影響が現れます。

その結果、頭蓋骨のつなぎ目が硬くなり、血液やリンパの流れに問題が生じます。

 

そこで三玄堂では頭蓋骨の調整を行うことで、自律神経の働きの安定化して血液やリンパの流れの正常化を図ります。

その結果、ゆがみが調整され姿勢が改善されます。

カラダの使いかたの施術

施術

変形性膝関節症になるのは「膝関節へかかる過度な負荷」があるからです。

これは日常生活での立ち方や歩き方などカラダの使いかたの問題が大きく関係しています。

 

膝を動かすのはどんな時でしょうか?

走るとき、歩くとき、座るとき、ジャンプするとき様々ですがどれも膝だけの動きではありません。

 

つまり、膝以外の部位の動きまでチェックする必要があります。

そのため、三玄堂では実際に歩いたり動いたりしていただき問題点をチェックしていきます。

 

これに基づいて、改善のために必要な

  • 足まわりの骨格の調整
  • 歩き方や動かし方の指導

ここまで行います。

その結果、適切なカラダの使い方の獲得をめざします。

三玄堂と他院の違い

施術目的

一般的な整体・整骨院 当院
■気持ちいい、慰安が目的

■毎日のように通ってもらうことが目的

■「やりたいことを思い切り楽しめる」ようになるために施術をする

■カラダの状態に合わせて来院間隔はあけていく

 

施術の内容

一般的な整体・整骨院 当院
■痛みがあるところのみ施術

■毎回マニュアル通りの同じ施術

■担当者がコロコロ変わる

■原因はもちろん、関連性のある部分も施術をする

カラダの状態に合わせて毎回施術内容を決める

担当制なので施術者が変わることはない

 

施術の結果

一般的な整体・整骨院 当院
■ゆがみを正したと言われるが変化がよくわからない

■その日は楽だけれど翌日にはすぐに戻ってしまう

■施術の前後でカラダの変化をわかりやすく検証する

■症状の原因にアプローチするので効果が持続しやすい

 

アフターフォロー

一般的な整体・整骨院 当院
■どれくらいの頻度で通えばいいかわからない

■普段どんなことに気をつければいいか教えてくれない

■カラダの状態に合わせた最適な通院ペースを提案

■日常で気をつけること、効果的なエクササイズなどを指導

 

その他

一般的な整体・整骨院 当院
■施術までの待ち時間が長い

■次回の来院を強要される

■回数券や物の購入を強要されることが多い

■完全予約制なので待ち時間はほとんどない

■理想の通院ペースは提案するが予約の強要はしない

■強引なセールスは一切ない

 

キャンペーン

7/13〜7/27までにご予約の方に限り

\ 初回 3,980円(税込) 

(通常料金:初診料3,300円+施術料金5,500円〜)

※院長の施術をご希望の場合は4,980円(税込)となります。
※先着10名様限りとなります。

→あと5名

院長からのメッセージ

院長である私も学生時代に膝を痛めた経験があります。

そのときは満足に歩くこともできず、苦労した記憶がありますし、15年以上経った今でもその時の怪我の影響で膝の不具合を感じることも少なくありません。

 

この世界に入ってからも、膝痛で悩まれている方とたくさんお会いしてきました。

「できれば手術だけは避けたい…」

「膝さえ痛くなければ旅行にもいけるのに…」

など、多くの方が膝の痛みで悩まれています。

 

どうしたらこういったお悩みをより確実に解決できるのか?常にベストな方策を模索してきました。

そして今は

  1. カラダのゆがみ
  2. カラダの使いかた

の2つの問題を紐解くことで膝の痛みを改善する道筋を見いだせるようになってきました。

 

今抱えている変形性膝関節症にまつわるお悩みがなくなったら、あなたは何がしたいですか??ぜひその想いをお聞かせください。

 

三玄堂はあなたの「よくなったらしたいこと」のために全力でサポートします。

あなたのご来院を心よりお待ちしております。

 

  • 村松
  • サイン

はりきゅう・整骨院三玄堂