起立性調節障害

お悩み

実績あります

写真は左右にスライドできます

ご安心ください。三玄堂では起立性調節障害のお子さんが多数来院されており、そのお悩みを解決されております。

 

起立性調節障害は中学生での発生頻度が約1割にも及ぶと言われており、決して珍しい症状ではないのですが、一般的にはあまり知られていないのが実状です。

 

朝起きることができず学校を休んだのに、夕方以降には元気になることが多いため、「怠け」や「サボり」と誤解されてつらい思いをしているお子さんが多く、ご家族の方もどのようにサポートをしていけばよいかわからずお悩みではないでしょうか。

 

ここでは起立性調節障害についての原因や対処法についてご紹介していきます。

是非参考にしていただき、三玄堂にご相談ください。

症例をご覧ください

そもそも「起立性調節障害」ってどんなもの?

起立性調節障害とは、立ち上がったときに血圧や脈拍といった循環器系に異常が生じ、主に午前中に立ちくらみやめまい、頭痛、吐き気などの症状がみられる自律神経のトラブルです。

 

起立調節障害は小学校高学年から思春期に発生することが非常に多いです。

この頃の子供は急速な身体的成長に加え心の変化も大きく、自律神経の発達が追いついていかないためです。

 

その結果、自律神経のバランスが乱れ体調を崩してしまい、立ち直るのにも時間がかかってしまうのです。

 

起立性調節障害のメカニズム

メカニズム

起立性調節障害はベッドに横になっているときには症状はほとんど現れません。しかし、立ち上がったり、長時間立ち続けているとめまい、立ちくらみ、頭痛、だるさといった症状が現れます。

 

ベッドに横になっているときは、血液を送り出す役割の心臓と脳がほぼ同じ高さとなっているため脳にしっかりと血液が供給されます。

脳は血液から酸素や栄養分を取り込み活発に働くことができますので症状が現れにくいのです。

 

ベッドに寝ていた状態から起き上がると重力の影響により全身の血液が下半身に移動してしまいます。

このままでは当然脳への血流が低下してしまいますが、自律神経の働きが血管を収縮させることで下半身に血液が滞留せず脳への血流を確保できるのです。

 

しかし、自律神経の働きが弱いと血管収縮力も低下し、下半身に血液が滞留してしまいます。

その結果、血圧や脳血流が低下しめまいや立ちくらみといった症状が現れます。

 

主に病院では、

  1. 医療面接
  2. 新起立試験
  3. 重症度の判定
  4. 心身症の有無

など通じて治療を行っていきます。

三玄堂で行う起立性調節障害の施術

施術

病院で改善が見られなかった起立性調節障害を改善させていくポイントは

  • 自律神経の乱れ
  • 姿勢の悪化

にあるがと三玄堂では考えています。

とくに、ほとんどのケースにおいて立位時の姿勢の悪化が見られます。

 

自律神経や姿勢が乱れはストレスが原因であることがほとんどです。

つまり、カラダにかかっているストレスを探し出すことも施術において重要な要素のひとつになります。

 

また、起立性調節障害でお悩みの子供や保護者のほとんどが悩みを抱えていますのでコミュニケーションを深め信頼関係を構築し、悩みを解消して行く必要があります。その他にも、生活習慣の改善をアドバイスすることがとても重要なポイントとなります。

三玄堂で行う施術のポイント

ストレスによって乱れた自律神経の働きと姿勢の悪化は、次のような施術を行い高めていきます。

  • 内臓の調整
  • 経絡(ツボ)の調整
  • 背骨の調整
  • 頭蓋骨の調整

いずれも軽く触れる程度のもので痛みは伴いません。

施術の結果、自律神経の乱れと姿勢の悪化が解消され起立性調節障害が改善します。

内臓の調整

自律神経が乱れると内臓が元気のない状態になってしまいます。

カラダは元気のない内臓を守ろうとして、姿勢の悪化を生じさせバランスを保とうとします。

 

その結果、カラダの水分の流れが悪くなり様々な症状を引き起こします。

内臓を調整することで全身の水分が循環しやすい状態に近づき不調が改善していく状態になります。

経絡の調整

経絡の調整

経絡(気の流れ)は人が生きていくために必要な「気・血・水」の通り道のことです。

  • 気:生命エネルギー
  • 血:血液
  • 水:リンパ液や涙といった血液以外の水分

経絡(気の流れ)は感情や内臓と深い関わりをもっています。

 

そのためストレスを感じると経絡(気の流れ)が乱れ、内臓の働きを低下させ姿勢の悪化を生じさせます。

症状やお悩みのストレスなどのお話から乱れた経絡を探し出し、手足にあるツボを用いて調整をしていきます。その結果、自律神経や姿勢が整い症状が改善していきます。

背骨の調整

背骨の調整

背骨は神経の出入り口にあたり、カラダにとって重要な場所です。

姿勢に関係する重要な筋肉がたくさん存在します。

 

そのため、背骨がガチガチになり、動きがスムーズでなくなることでバランスが崩れゆがみを生じます。

背骨は自律神経と深い関係があるため、調整することで自律神経と姿勢を整え症状の改善を図ります。

頭蓋骨の調整

頭蓋骨の調整

内臓の疲労やストレスが過剰にかかると自律神経の中枢でもある脳にも影響が現れます。

その結果、頭蓋骨のつなぎ目が硬くなり、血液やリンパの流れに問題が生じます。

 

そこで三玄堂では頭蓋骨の調整を行うことで、自律神経の働きの安定化して血液やリンパの流れをの正常化を図ります。

その結果、姿勢も改善されます。

生活習慣や考え方の見直し

また、起立性調節障害の改善には、思考パターンや生活習慣の見直しが必要な要素となります。

  • 甘い物や添加物の摂りすぎ
  • 親に言いたいことを言えない
  • 人間関係や勉強に悩みがある
  • 水分と塩分の不足
  • 運動不足
  • スマホやゲームのやりすぎ

などは自律神経の働きを弱めてしまいます。

 

施術だけではなく、思考パターンや生活習慣の見直すことが起立性調節障害の大きなポイントになりますのでアドバイスをします。

 

また、起立性調節障害の改善にはご家族の協力も必要となってきますので、家族でどのようにサポートしていくと良いかを必要に応じてお伝えしていきます。

お客様の声

朝普通に起きられるようになった

お客様写真
アンケート用紙

朝起きるのがつらくて頭痛、腹痛、吐き気がありました

施術を受ける前は、学校を休んだり早めに寝るよう心がけていました。

施術を受けると少しずつ良くなって、朝、普通に起きられるようになり、頭痛などの症状もしなくなりました

先生とお話できてリラックスできました
優しくて面白い人なので通ってみてください。

13歳 女性 中学生

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

1限目から学校に通えるようになった

お客様写真
アンケート用紙

朝のめまいがひどく、起き上がることができませんでした。

ふらつきもありしっかり歩けない状態で、学校に遅れてしまう、または、行けない状況でした。

 

実際に施術を受けてからは、症状がなくなり、朝起きることができて1限目にも間に合うようになりました