起立性調節障害

お悩み

お悩み

実績あります

ご安心ください。三玄堂では起立性調節障害のお子さんが多数来院されており、そのお悩みを解決されております。

 

起立性調節障害は、主に午前中の体調不良(立ちくらみ、めまい、頭痛、吐き気など)が見られる自律神経系のトラブルです。

 

朝起きることができず学校を休んだのに、夕方以降には元気になることが多いため、「怠け」や「サボり」と誤解され、つらい思いをしているお子さんも多いのではないでしょうか。

また、お子さんに対してどのようにサポートをしていけばよいかわからずお悩みのご家族の方も多いのではないでしょうか。

 

起立性調節障害は中学生での発生頻度が約1割にも及ぶと言われており、決して珍しい症状ではないのですが、一般的にはあまり知られていないのが実状です。

 

ここでは起立性調節障害についての原因や対処法についてご紹介していきます。
是非参考にしていただき、三玄堂にご相談ください。

症例をご覧ください

そもそも「起立性調節障害」ってどんなもの?

起立性調節障害とは、立ち上がったときに血圧や脈拍といった循環器系に異常が生じ、主に午前中に立ちくらみやめまい、頭痛、吐き気などの症状がみられる自律神経のトラブルです。

 

自律神経は、カラダを活動的にするために働く交感神経とカラダを休ませるために副交感神経という二つの神経にわかれます。

この2種類の自律神経が絶えず、自動的に身体の環境を調整しています。

 

起立調節障害は小学校高学年から思春期に発生することが非常に多いです。

この頃の子供は急速な身体的成長に加え心の変化も大きく、自律神経の発達が追いついていかないためです。

 

その結果、交感神経と副交感神経のバランスが乱れ体調を崩してしまい、立ち直るのにも時間がかかってしまうのです。

 

起立性調節障害の症状は本当に多岐にわたります。一言でいえば「人それぞれ」。

なぜなら、自律神経は全身の多くの部位に影響を与えている神経だからです。

 

症状としては

  • めまい・立ちくらみ
  • 腹痛・吐き気
  • 頭痛
  • 下痢・便秘
  • 不眠
  • 倦怠感

などが代表的な一例。

 

また、決して単一の症状として現れるわけではなく、ときには複数同時にカラダに現れる場合も少なくありません。

起立性調節障害のメカニズム

メカニズム

起立性調節障害はベッドに横になっているときには症状はほとんど現れません。しかし、立ち上がったり、長時間立ち続けているとめまい、立ちくらみ、頭痛、だるさといった症状が現れます。

 

ベッドに横になっているときは、血液を送り出す役割の心臓と脳がほぼ同じ高さとなっているため脳にしっかりと血液が供給されます。

脳は血液から酸素や栄養分を取り込み活発に働くことができますので症状が現れにくいのです。

 

ベッドに寝ていた状態から起き上がると重力の影響により全身の血液が下半身に移動してしまいます。

このままでは当然脳への血流が低下してしまいますが、自律神経の働きが血管を収縮させることで下半身に血液が滞留せず脳への血流を確保できるのです。

 

しかし、自律神経の働きが弱いと血管収縮力も低下し、下半身に血液が滞留してしまいます。

その結果、血圧や脳血流が低下しめまいや立ちくらみといった症状が現れます。

病院での起立性調節障害の対処法

病院での診断

起立性調節障害の診断は以下の流れで行われます。

 

(1)医療面接(問診)
子供や保護者に症状や日常生活の様子について詳しく尋ねられます。

その後、起立性調節障害以外の病気が隠れていないか、血液検査や尿検査、胸部レントゲン、頭部のMRIなどを行います。

これらの検査で異常が見つからなければ、新起立試験を行い起立性調節障害のタイプや重症度を調べていきます。

 

(2)新起立試験
新起立試験とは、寝ている状態から立ち上がった時の血圧低下や脈拍数の変化の様子を判定して、以下の4つのサブタイプに分けるための試験です。

  1. 起立直後低血圧:起立直後に強い血圧低下が起こる。
  2. 体位性頻脈症候群:心拍数が増加する。起立による血圧低下はない。
  3. 血管迷走神経性失神:起立中に突然血圧が低下し意識の低下や消失を起こす。
  4. 遷延性起立性低血圧:起立3〜10分後に血圧が低下する。

 

(3)重症度の判定
サブタイプ判定の結果と日常生活状況から重症度判定を行います。

軽症であれば日常生活に支障がない場合がありますが、重症の場合は一日中横になっている子供もいます。

 

(4)心身症の有無
心と体は密接につながっています。心の状態の悪さから病気を発症したり悪化したりすることを心身症といいます。

心身症から起立性調節障害が起きていないかの確認を行います。

病院での治療

起立性調節障害のタイプや重症度を判定し心身症の有無を確認したら治療が開始されます。一般的な治療は以下の流れで行われます。

 

(1)疾病教育
起立性調節障害のメカニズムや病態について理解を促し、親子の不安を軽減します。

 

(2)非薬物療法
日常生活の食事や運動など規則的な生活リズムを送るための注意点を子供や保護者に伝えます。

 

(3)学校との連携
状況に応じて学校関係者に起立性調節障害に関する知識や対処法を説明します。

 

(4)薬物療法
非薬物療法を行ったうえで薬物を処方します。ある程度長期に渡って服用することになります。

 

(5)環境調整
子供に心理的なストレスがかからないよう保護者や学校関係者は起立性調節障害について理解を深め、子供を見守る体制を整えます。

 

(6)心理療法
臨床心理士や専門医師によるカウンセリングなどの心理療法を行います。

三玄堂で行う起立性調節障害の施術

施術

三玄堂では病院で改善が見られなかった起立性調節障害は自律神経の乱れと姿勢の悪化が起きていると考えています。とくに、ほとんどのケースにおいて立位時の姿勢の悪化が見られます。

 

自律神経や姿勢が乱れる要因を三玄堂では以下の3つストレスによるものと考えています。

  1. 感情のストレス(不安、恐怖、寂しい、我慢など)
  2. 環境のストレス(気候、薬、添加物、電磁波、金属品など)
  3. 肉体のストレス(疲労、怪我など)

これらの3つのストレスから自律神経や姿勢が乱れる原因を探し出し施術を行います。

 

その結果、自律神経と姿勢が整い血液などの循環を高まることで起立性調節障害の症状が改善していきます。

 

また、起立性調節障害でお悩みの子供や保護者のほとんどが悩みを抱えていますのでコミュニケーションを深め信頼関係を構築し、悩みを解消して行く必要があります。その他にも、生活習慣の改善をアドバイスすることがとても重要なポイントとなります。

三玄堂で行う施術のポイント

ストレスによって乱れた自律神経の働きと姿勢の悪化は、次のような施術を行い高めていきます。

  • 内臓の調整
  • 経絡(ツボ)の調整
  • 背骨の調整
  • 頭蓋骨の調整

いずれも軽く触れる程度のもので痛みは伴いません。

施術の結果、自律神経の乱れと姿勢の悪化が解消され起立性調節障害が改善します。

内臓の調整

内臓の調整

自律神経が乱れると内臓が元気のない状態になってしまいます。

カラダは元気のない内臓を守ろうとして、姿勢の悪化を生じさせバランスを保とうとします。

 

その結果、カラダの水分の流れが悪くなり様々な症状を引き起こします。

内臓を調整することで全身の水分が循環しやすい状態に近づき不調が改善していく状態になります。

経絡の調整

経絡の調整

経絡(気の流れ)は人が生きていくために必要な「気・血・水」の通り道のことです。

  • 気:生命エネルギー
  • 血:血液
  • 水:リンパ液や涙といった血液以外の水分

経絡(気の流れ)は感情や内臓と深い関わりをもっています。

 

そのためストレスを感じると経絡(気の流れ)が乱れ、内臓の働きを低下させ姿勢の悪化を生じさせます。

症状やお悩みのストレスなどのお話から乱れた経絡を探し出し、手足にあるツボを用いて調整をしていきます。その結果、自律神経や姿勢が整い症状が改善していきます。

背骨の調整

背骨の調整

背骨は神経の出入り口にあたり、カラダにとって重要な場所です。

姿勢に関係する重要な筋肉がたくさん存在します。

 

そのため、背骨がガチガチになり、動きがスムーズでなくなることでバランスが崩れゆがみを生じます。

背骨は自律神経と深い関係があるため、調整することで自律神経と姿勢を整え症状の改善を図ります。

頭蓋骨の調整

頭蓋骨の調整

内臓の疲労やストレスが過剰にかかると自律神経の中枢でもある脳にも影響が現れます。

その結果、頭蓋骨のつなぎ目が硬くなり、血液やリンパの流れに問題が生じます。

 

そこで三玄堂では頭蓋骨の調整を行うことで、自律神経の働きの安定化して血液やリンパの流れをの正常化を図ります。

その結果、姿勢も改善されます。

思考パターンや生活習慣の見直し

また、起立性調節障害の改善には、思考パターンや生活習慣の見直しが必要な要素となります。

  • 甘い物や添加物の摂りすぎ
  • 親に言いたいことを言えない
  • 人間関係や勉強に悩みがある
  • 水分と塩分の不足
  • 運動不足
  • スマホやゲームのやりすぎ

などは自律神経の働きを弱めてしまいます。

 

施術だけではなく、思考パターンや生活習慣の見直すことが起立性調節障害の大きなポイントになりますのでアドバイスをします。

 

また、起立性調節障害の改善にはご家族の協力も必要となってきますので、家族でどのようにサポートしていくと良いかを必要に応じてお伝えしていきます。

選ばれる理由

医師の推薦

追伸

私は学校生活での思い出がたくさんあります。

学校生活の何が印象に残るかは人それぞれだと思いますが、私の場合は部活動が一番思い出に残っています。

当然つらいこともたくさんありましたが、今振り返ると全てが素敵な思い出です。

 

治療というものに興味を持ちこの道に進んだのも、部活のスポーツで自身の怪我が多かったことがきっかけになっています。

 

ある日、子どもの起立性調節障害という症状があることを知りました。

この症状によって、なかなか学校に行けずに悩んでいる子供がいると知りました。

 

学校生活のない日々を過ごした自分をイメージしたときに、あの思い出もこの思い出もなくなってしまうのかと考えたら、とても悲しい気持ちになりました。

この時、私は起立性調節障害で悩んでいる子どもたちのチカラになりたいと思ったのです。

 

起立性調節障害の治療は難しかったです。

なんとか学校に行ってほしい・・

それだけを考えて施術をしていました。

 

しかし、いつまでたっても治療はうまくいきませんでした。

なぜならば、子供に話を聞いてみると本人が学校に行きたくないと思っていることがあったからです。

 

私や親の学校に対するイメージや、行かなければ行けないものだという価値観を押し付けていたのかもしれません。

 

そこで私は一番大事なことに気づきました。

大事なのは学校に行くことではなく、子供が元気に日々過ごせることなんだと・・

本人がどうしたいかが大事なんだと・・・

 

その考えに気づいてからは、今までなかなか改善しなかった起立性調節性が改善する方が徐々に増えていきました。

 

そして気づいたときには、私も自信を持って施術を提供できるようになっていました。

今では多くの起立性調節障害で悩んでいる子どもたちのチカラになることができています。
だからご安心ください。

 

三玄堂では、お子さんの起立性調節障害を改善し、「良くなったらしたいこと」のために全力でサポートします。

ご来院を心よりおまちしております。

谷口直也

起立性調節障害に関する関連記事