起立性調節障害

お悩み

実績あります

写真は左右にスライドできます

ご安心ください。三玄堂では起立性調節障害のお子さんが多数来院されており、そのお悩みを解決されております。

 

起立性調節障害は中学生での発生頻度が約1割にも及ぶと言われており、決して珍しい症状ではないのですが、一般的にはあまり知られていないのが実状です。

 

朝起きることができず学校を休んだのに、夕方以降には元気になることが多いため、「怠け」や「サボり」と誤解されてつらい思いをしているお子さんが多く、ご家族の方もどのようにサポートをしていけばよいかわからずお悩みではないでしょうか。

 

ここでは起立性調節障害についての原因や対処法についてご紹介していきます。

是非参考にしていただき、三玄堂にご相談ください。

症例をご覧ください

そもそも「起立性調節障害」ってどんなもの?

起立性調節障害とは、立ち上がったときに血圧や脈拍といった循環器系に異常が生じ、主に午前中に立ちくらみやめまい、頭痛、吐き気などの症状がみられる自律神経のトラブルです。

 

起立調節障害は小学校高学年から思春期に発生することが非常に多いです。

この頃の子供は急速な身体的成長に加え心の変化も大きく、自律神経の発達が追いついていかないためです。

 

その結果、自律神経のバランスが乱れ体調を崩してしまい、立ち直るのにも時間がかかってしまうのです。

 

起立性調節障害のメカニズム

メカニズム

起立性調節障害はベッドに横になっているときには症状はほとんど現れません。しかし、立ち上がったり、長時間立ち続けているとめまい、立ちくらみ、頭痛、だるさといった症状が現れます。

 

ベッドに横になっているときは、血液を送り出す役割の心臓と脳がほぼ同じ高さとなっているため脳にしっかりと血液が供給されます。

脳は血液から酸素や栄養分を取り込み活発に働くことができますので症状が現れにくいのです。

 

ベッドに寝ていた状態から起き上がると重力の影響により全身の血液が下半身に移動してしまいます。

このままでは当然脳への血流が低下してしまいますが、自律神経の働きが血管を収縮させることで下半身に血液が滞留せず脳への血流を確保できるのです。

 

しかし、自律神経の働きが弱いと血管収縮力も低下し、下半身に血液が滞留してしまいます。

その結果、血圧や脳血流が低下しめまいや立ちくらみといった症状が現れます。

 

主に病院では、

  1. 医療面接
  2. 新起立試験
  3. 重症度の判定
  4. 心身症の有無

など通じて治療を行っていきます。

三玄堂で行う起立性調節障害の施術

施術

病院で改善が見られなかった起立性調節障害を改善させていくポイントは

  • 自律神経の乱れ
  • 姿勢の悪化

にあるがと三玄堂では考えています。

とくに、ほとんどのケースにおいて立位時の姿勢の悪化が見られます。

 

自律神経や姿勢が乱れはストレスが原因であることがほとんどです。

つまり、カラダにかかっているストレスを探し出すことも施術において重要な要素のひとつになります。

 

また、起立性調節障害でお悩みの子供や保護者のほとんどが悩みを抱えていますのでコミュニケーションを深め信頼関係を構築し、悩みを解消して行く必要があります。その他にも、生活習慣の改善をアドバイスすることがとても重要なポイントとなります。

三玄堂で行う施術のポイント

ストレスによって乱れた自律神経の働きと姿勢の悪化は、次のような施術を行い高めていきます。

  • 内臓の調整
  • 経絡(ツボ)の調整
  • 背骨の調整
  • 頭蓋骨の調整

いずれも軽く触れる程度のもので痛みは伴いません。

施術の結果、自律神経の乱れと姿勢の悪化が解消され起立性調節障害が改善します。

内臓の調整

自律神経が乱れると内臓が元気のない状態になってしまいます。

カラダは元気のない内臓を守ろうとして、姿勢の悪化を生じさせバランスを保とうとします。

 

その結果、カラダの水分の流れが悪くなり様々な症状を引き起こします。

内臓を調整することで全身の水分が循環しやすい状態に近づき不調が改善していく状態になります。

経絡の調整

経絡の調整

経絡(気の流れ)は人が生きていくために必要な「気・血・水」の通り道のことです。

  • 気:生命エネルギー
  • 血:血液
  • 水:リンパ液や涙といった血液以外の水分

経絡(気の流れ)は感情や内臓と深い関わりをもっています。

 

そのためストレスを感じると経絡(気の流れ)が乱れ、内臓の働きを低下させ姿勢の悪化を生じさせます。

症状やお悩みのストレスなどのお話から乱れた経絡を探し出し、手足にあるツボを用いて調整をしていきます。その結果、自律神経や姿勢が整い症状が改善していきます。

背骨の調整

背骨の調整

背骨は神経の出入り口にあたり、カラダにとって重要な場所です。

姿勢に関係する重要な筋肉がたくさん存在します。

 

そのため、背骨がガチガチになり、動きがスムーズでなくなることでバランスが崩れゆがみを生じます。

背骨は自律神経と深い関係があるため、調整することで自律神経と姿勢を整え症状の改善を図ります。

頭蓋骨の調整

頭蓋骨の調整

内臓の疲労やストレスが過剰にかかると自律神経の中枢でもある脳にも影響が現れます。

その結果、頭蓋骨のつなぎ目が硬くなり、血液やリンパの流れに問題が生じます。

 

そこで三玄堂では頭蓋骨の調整を行うことで、自律神経の働きの安定化して血液やリンパの流れをの正常化を図ります。

その結果、姿勢も改善されます。

生活習慣や考え方の見直し

また、起立性調節障害の改善には、思考パターンや生活習慣の見直しが必要な要素となります。

  • 甘い物や添加物の摂りすぎ
  • 親に言いたいことを言えない
  • 人間関係や勉強に悩みがある
  • 水分と塩分の不足
  • 運動不足
  • スマホやゲームのやりすぎ

などは自律神経の働きを弱めてしまいます。

 

施術だけではなく、思考パターンや生活習慣の見直すことが起立性調節障害の大きなポイントになりますのでアドバイスをします。

 

また、起立性調節障害の改善にはご家族の協力も必要となってきますので、家族でどのようにサポートしていくと良いかを必要に応じてお伝えしていきます。

お客様の声

学校を遅刻することがなくなり、気持ちが楽になった

お客様写真
アンケート用紙

朝起きるのが辛く、午前中だるさがありました。
目覚ましは聞こえず、寝坊が基本でした

毎朝親がたたき起こすという状態で、半分あきらめていました

施術を受けて、朝起きるのが楽になり、学校を遅刻することがなくなりました
気持ちが楽になりました。

定期的に通っていても苦にならず、とても良い環境なのでおすすめできます。

18歳 男性 高校生

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

起立性調節障害などの不調が明らかに軽減しています

お客様写真
アンケート用紙

カラダのいろいろな所が調子が悪く、ふらつき(起立性調節障害)もありました。

他の整体や鍼灸に通いましたが、改善が見られませんでした。

三玄堂の施術を受けて、明らかに不調が軽減しています

院内も清潔でくつろげる雰囲気なのが良かったです。

定期的に通い続けるのではなく、卒業できるように治療してもらえるので信頼できます

Y.Fさま 19歳 女性 大学生

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

頭痛や吐き気がなくなり、自然に目が覚めるようになりました

お客様写真
アンケート用紙

朝起きるのがとにかくつらく、起床時に頭痛や吐き気、貧血の症状がありました。
大学の1限の授業に行けませんでした。

以前は昼頃まで起き上がれないのが普通でしたが、9時ころには自然に目が覚めるようになり、頭痛や吐き気がなくなりました

施術以外にも、市販で買っていたよりも良いサプリメントを教えていただけたところが良かったです。

本当に症状が良くなるのか半信半疑でしたが、確かに効果がありました

20歳 女性 大学生

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

オファー

お気軽にお電話ください!

LINE予約

はい、三玄堂です」と出ますので

ホームページをみました。予約をとりたいのですが」とお伝えください。

ご希望の日時をお伺いし、ご予約を承ります。

選ばれる理由

医師の推薦

同業者の推薦

追伸

私は学校生活での思い出がたくさんあります。

学校生活の何が印象に残るかは人それぞれだと思いますが、私の場合は部活動が一番思い出に残っています。

当然つらいこともたくさんありましたが、今振り返ると全てが素敵な思い出です。

 

治療というものに興味を持ちこの道に進んだのも、部活のスポーツで自身の怪我が多かったことがきっかけになっています。

 

ある日、子どもの起立性調節障害という症状があることを知りました。

この症状によって、なかなか学校に行けずに悩んでいる子供がいると知りました。

 

学校生活のない日々を過ごした自分をイメージしたときに、あの思い出もこの思い出もなくなってしまうのかと考えたら、とても悲しい気持ちになりました。

この時、私は起立性調節障害で悩んでいる子どもたちのチカラになりたいと思ったのです。

 

起立性調節障害の治療は難しかったです。

なんとか学校に行ってほしい・・

それだけを考えて施術をしていました。

 

しかし、いつまでたっても治療はうまくいきませんでした。

なぜならば、子供に話を聞いてみると本人が学校に行きたくないと思っていることがあったからです。

 

私や親の学校に対するイメージや、行かなければ行けないものだという価値観を押し付けていたのかもしれません。

 

そこで私は一番大事なことに気づきました。

大事なのは学校に行くことではなく、子供が元気に日々過ごせることなんだと・・

本人がどうしたいかが大事なんだと・・・

 

その考えに気づいてからは、今までなかなか改善しなかった起立性調節性が改善する方が徐々に増えていきました。

 

そして気づいたときには、私も自信を持って施術を提供できるようになっていました。

今では多くの起立性調節障害で悩んでいる子どもたちのチカラになることができています。
だからご安心ください。

 

三玄堂では、お子さんの起立性調節障害を改善し、「良くなったらしたいこと」のために全力でサポートします。

ご来院を心よりおまちしております。

谷口直也

起立性調節障害に関する関連記事