腱鞘炎本文

湿布やアイシングでよくならない理由

腱鞘炎になったとき多くの方はまず湿布を貼るのではないでしょうか?

 

しかし、湿布を貼ったりときにはアイシングをしても思うように痛みがとれず、改善されないまま痛みを我慢して日常生活を送らざるを得ない。

そこで困り果て当院に来院される方も少なくありません。

 

なぜなら腱鞘炎による痛みの原因は患部だけの問題ではなく、背骨や骨盤、肩甲骨など全身のバランスが大きく関係しているからです

施術でよくなる理由

三玄堂では腱鞘炎の改善のために

・患部(手や指)以外の問題の改善

・患部(手や指)の問題の改善

この2つを中心に施術を進めていきます。

 

それぞれ、次のような施術・アプローチを行います。

手や指(患部)以外の問題の改善

首

腱鞘炎の症状がある場合、まず見るべきは手や指以外の関節の動きです。

 

手や指以外の関節の動きが悪いことでバランス良く体を使うことができず、使いやすい手や指の関節ばかりを使ってしまう。

その結果、腱鞘炎のような症状が出てくると考えられます。

 

とくに背骨や肩甲骨、骨盤の動きが悪いことが多くみられます。

三玄堂ではこのように手や指以外の関節の動きの改善から施術をすすめていきます。

手や指の問題の改善

手や指

手や指には使いすぎたことにより筋肉や周辺の靭帯が固くなるなどの問題がみられます。

患部の周辺が固くなり循環が悪くなることで症状が起きていると考えられます。

 

三玄堂では専用の器具(かっさ)を用いたりしながら固くなった組織の問題を解決することで患部の動かしやすさ、痛みの軽減をはかります。